「クラシックギターサポーターズクラブ」設立趣旨

 日本のクラシックギターの歴史は浅いですが、昭和頃から急激に発展し、今や世界でも屈指のギター大国となりました。多くの演奏家が生まれ、コンサートも多く開催されるようになりました。しかしながら、私達の愛するギター音楽や芸術は、いわゆるビジネスとは違い、結果が金銭と結びつきにくく、その活動には何らかの資金的支援が必要ですが、日本は海外に比べて、公的機関や企業からの支援が少ないのが現状です。

 こうした現状に対し、私はギター教室の主宰者として、「クラッシックギターサポーターズクラブ」を設立し、次の世代を担う若者、単に、優秀な演奏者だけでなく、指導者、プロデューサー、作曲者、等のいろいろな職種を希望する人材を、研修生として公募し、支援することを思い立ちました。当クラブは「①研修生の研究や活動の場を提供することを通じてサポートし、日本独自のギター文化の発展に寄与する。②将来、海外からも注目される先進国になるために、研修生に海外体験をしてもらい、日本との差を観察・実感し、また海外のさまざまな人材と交流をもってもらう。」ことを目的に活動します。

私は、この趣旨に賛同して下さるサポーターの方々とともに、彼らが育っていくことを楽しみに、いつの日か、日本各地でも国際ギターフェスティバルが開催されたり、海外から留学生がくるようなギター文化先進国になることを夢見たいと思います。(発起人 井桁典子)

 

第二期活動のために結成された「横浜ポップスプロジェクト」

メンバーは左から

谷川英勢

多治川純一

山田雄太

美山華鈴

パーカッションは

前川維旺利 です。

このユニット以外にも、各々、独奏、クアトロパロス、DuoTRUSSARDIとしても活躍しています。

是非、応援お願い致します。