2012年秋から1年間、数回にわたりコンサートやレクチャーを受け、プロのギター活動を始めた第一期研修生の皆さんは今、どのような活動をおこなっているでしょうか?メールにて様子を送ってくれました。

2014年11月現在(以下、原文のまま)

 

第一期研修生のその後

 アンケート内容

1、現在の活動の状態

2、サポーターズクラブから1年経って、その時の経験が役にたっているか 

3、今後の活動の予定

 

渡辺茜さん

 

1、現在の活動の状態 

山陰ギターコンクール2

銀座ヤマハホールコンサート出演

ギター教室での教授活動

 

2、サポーターズクラブから1年経って、その時の経験が役にたっているか

マナー講座が役に立っています。

 

3、今後の活動の予定

今後も演奏活動を中心に教授活動も含め勢力的に活動していきたい。

 

美山華鈴さん

 

1、現在の活動の状態 

  念願だった地元でのギター教室の開講をすることができた。美術関係の画廊や教育機関での演奏活動を中心にしています。

 

2、サポーターズクラブから1年経って、その時の経験が役にたっているか

  サポーターズクラブ第一期の研修期間中は『自分の個性』を模索していた。井桁先生を始めサポーターの皆様、講師の先生方、及び研修生のアドヴァイスもあり、自分の特色や持ち味を少しずつ『自覚』する事ができてきた。個性の『自覚』が生まれる事により、無理矢理に個性をアピールすることはなくなり、初めて出会う人にも自然体で応対させていただけるようになった。とても役にたっている。

 

3、今後の活動の予定

  自身の教室を通じて、ギターをもとにコミニュケーション出来る場をもっと発展させる。

  演奏活動ではダンサーや画家、書道家とのコラボを積極的に行う。クラシックギターを音楽関係のみならず、各界に広める活動をする。

 

鎌田孝博さん

 

1、現在の活動の状態。

虎ノ門、神谷町、埼玉県の自宅にて教室開校の準備中。

埼玉ギターコンクール次席

 

2、サポーターズクラブから1年経って、その時の経験が役にたっているか。

サポーターズクラブの活動を通して、沢山の人たちと出会えたことが非常に役に立っております。

 

3、今後の活動の予定

来年は地元での演奏活動と教室運営をしていくと共に、

コンクールへも今まで以上に挑戦し、結果を残していきたいです。

 

荒井一穂さん

 

1、現在の活動の状態 

ヤマハ講師として、クラシックギター、アコースティックギター、ウクレレのレッスンを行っています。コンサートは他楽器とのデュオやソロコンサートを月12回ペースで行っています。

 

2、サポーターズクラブから1年経って、その時の経験が役にたっているか

自己プロデュース能力が向上しました。どう自分の存在をアピールするのか、演奏技術以外の事を考えるようになりました。またサポーターズクラブで出会った仲間の刺激を受け新しい視点がたくさん持てたことが今の自分にとってプラスになりました。

 

3、今後の活動の予定

今後もレッスンをしながらコンサートを定期的に行っていきます。

 

飯田敏史さん

 

1、現在の活動の状態

コンサートに関しては思いどおりにはこなせず、回数は少なく収まってしまいました。大小含めて10回程度です。その内6月にはドバイに行き、現地総領事館・日本企業のサポートを得て、日本文化を紹介するイベントにギターで参加しました。その模様が現代ギター10月号「海外より」のコーナーに掲載されています。コンクールでは、第5J.S.Bach国際ギターコンクールにて第3位に入賞致しました。

 

2、サポーターズクラブから1年経って、その時の経験が役にたっているか。

コンサートの準備に関して言えば、昨年スペインのコンクールに参加させて頂いた際に苦しめられた時差と文化の違いをコンサートの前に入念に調べて準備する事ができました。様々な形式のコンサートを行いましたが、衣装や最中の立ち居振る舞いなど、研修で学んだ事を踏まえて、時には崩して応用出来るようになったかと思います。

 

3、今後の活動の予定

今年一年で海外の演奏家を2組、招致する予定だったのですが、どちらも都合が合わず、キャンセルになってしまったのが残念でした。今後も自分自身が演奏しつつ、自分以外の演奏者を招致する企画に挑戦して行きたいと思います。

 

伊藤亘希さん

 

1、現在の活動の状態

201312月~現在までで変わったことは、


(1) 島村楽器の講師資格を取得し、現在本八幡店と二子玉川店の2拠点で講師活動をしている。


(2) 不定期で成蹊大学ギターソサエティーの部員有志に個人指導を行う。


(3) 最近のアニソンをクラシックギターアレンジしたCD「俺のクラシックギターがアニソンを奏でたくてしょうがないらしい。」の製作資金をwebクラウドファンディングで集め、プロデューサー萩原佳明氏とともに現在製作中。


(4) スペインギター音楽コンクール第2位、イーストエンド国際ギターコンクール第2位。


(5) 国分寺市を中心にクラシックコンサートを主催する団体「音の葉HomeConcert」にクラシックギタリストとして登録され、これまでに2回のコンサートを行う


(6) その他コンサート出演多数。

2、サポーターズクラブから1年経って、その時の経験が役にたっているか

サポーターズクラブのおかげで今の私があると言ってもいいくらいで、とても感謝しています!中でも特に印象深いのは谷辺さんの講習会です。彼の個人レッスンに通うようになって1年経ちました。それから、2回の研修生コンサートとコンクールを通してプログラムの組み方や本番当日の振る舞い方、MCでの話し方など、一演奏家として(演奏内容以外で)どう自分を見せていくのかを考えるきっかけになっていたと思います。

3、今後の活動の予定

1月25日(日)にスペインギター協会ニューイヤーコンサートに出演します。1月31日(土)名曲喫茶カデンツァ(本郷)にて、福岡出身の若手ギタリスト石丸陸さんとデュオコンサートをやります。自主企画です。他にもコンサートを企画中です。詳しくは http://kokigitarre.jimdo.com/schedule/ に随時更新していきます。講師活動のほうは、島村楽器と平行して新たな拠点を探し中。

 

第二期活動のために結成された「横浜ポップスプロジェクト」

メンバーは左から

谷川英勢

多治川純一

山田雄太

美山華鈴

パーカッションは

前川維旺利 です。

このユニット以外にも、各々、独奏、クアトロパロス、DuoTRUSSARDIとしても活躍しています。

是非、応援お願い致します。